ヘモグロビンa1cの基準値は?値を下げるための方法はこれ!

ヘモグロビンa1c



病院での血液検査を受けた際に、「血糖値が高いですね」と医師から説明を受けたり、会社の健康診断結果が書類で届いた人の中には、血糖値が高い人は多いと思います。

20代のうちはまだそれほど血糖値が高くて悩む方は少ないかもしれませんが、30代後半、40代、50代ともなってくると、多くの方が、健康診断での血糖値の値とにらめっこする事になるものです。

血糖値が高いと何がダメなのかを端的に説明しますと、血糖値が高いというだけで「糖尿病予備軍」だと言えるからです。

糖尿病予備軍だとまだ良いかもしれませんが、人によっては自覚症状がないだけで、既に糖尿病にかかってしまっている場合も考えられるのです。

その「糖尿病」を診断するための基準として、ヘモグロビンa1cというものの値が近年着目されていますから、ここではヘモグロビンa1cに関する基礎知識を高め、血糖値の改善にお役に立てて頂ければと思います。

ヘモグロビンa1cとは?

こちらの記事でもヘモグロビンa1c(ヘモグロビンエーワンシー)に関してかなり詳しく解説しているので読んで頂きたいのですが、ヘモグロビンa1cとは要するに「糖尿病かどうかを判定するための最重要な数値」の事です。

血液検査をした結果、へモグラビンa1cの値が6.5%以上だと、確実に糖尿病だと断定されます。

ヘモグロビンa1cとはそもそも、ヘモグロビンという物質にが「糖」にくっついた物質です。つまり、ヘモグロビンA1cが指し示す数値というんのは、ヘモグロビン全体を仮に100とした際に、「糖が付着している状態のヘモグロビンA1cが全体の中に何%存在しているか」を示す値なのです。

血糖値が高い事が良くないという事は多くの方が知っている事でしょうから、ヘモグロビンa1cの値が高いのは良くないという事は、なんとなく想像はつくのではないでしょうか?

健康な人のヘモグロビンA1cの正常値は4.3%~5.8%です。

もちろん上記の基準値を数値が下回ってしまってヘモグロビンA1cの割合が少なすぎても良くないのですが、割合が多すぎる方がより問題で、この数値が6.5%以上だと血液中に糖が多すぎる高血糖状態だという事になるのです。

高血糖の状態が慢性的に続くと糖尿病になってしまいますから、血液検査でヘモグロビンA1cの値が高いと診断された方は、一刻も早くヘモグロビンA1c値を下げるために努力を始めなければいけません。

近年は血糖値よりもヘモグロビンa1c値が糖尿病診断で重視されます

一昔前までは、糖尿病かどうかを診断するためには「血糖値」を測定基準にしていました。

今でも血糖値(空腹時血糖値など)が重要な数値になるのには変わらないのですが、より正確な診断結果を求めるためにも、ヘモグロビンa1c値の方に重きが置かれるようになったのです。

なぜなら、数日間断食したりする事によって血糖値は一時的に下げて検査結果をごまかす事ができるものの、ヘモグロビンa1c値はごまかす事ができないからです。

ヘモグロビンA1c値とは過去1~2か月の血糖状態を把握できる精密検査ですから、仮に1日や2日断食して血糖値を下げようと試みた所で、検査結果に影響する事はないのです。

ヘモグロビンa1c値が5.6%や5.7%なら一安心?

血液検査の結果、ヘモグロビンA1cの値が5.6%や5.7%と出たとしましょう。

ヘモグロビンa1cの基準値は4.3%~5.8%ですから、大半の方がこの検査結果を受けて「良かった。まだ基準値の範囲内だ」と、ほっと胸をなでおろすかもしれません。

しかし、ヘモグロビンa1c値が基準値の範囲内だからと言って、安心してはいけないのです!

5.6%や5.7%という数字は極めて“アウト”に近い数値です。糖尿病だと確実に診断結果を下される数値は6.5%以上だと言いましたが、5.8%~6.5%の数値が出た方は糖尿病の可能性がまだ十二分に残っていると言えますし、5.6%や5.7%の方もあと少しで基準値をオーバーしてしまう高血糖者予備軍なのです。

ですから、なるべく4%台や5%の前半になるくらいにまで血糖値をコントロールする事が理想です。

ヘモグロビンa1cの値が10%以上などの方はもうかなり糖尿病が進行してしまっているはずなので、今すぐ治療を開始するようにして下さい。

ヘモグロビンa1c値を下げるための食事内容は?

血糖値にしろ、ヘモグロビンa1c値にしろ、とにかく血液中の糖の割合が高い人は、糖の割合を減らして数値を下げないといけません。

気にせずに放置しておくと、いずれ命の問題に関わってきますから。

そのためには「食事」と「運動」の改善です。

どちらも見直して改善する事が急務ですが、どちらがより重要で効果的かと言えばやはり食事内容の改善です。

血糖値を下げるための食事内容や食事の摂り方に関してはこちらの記事で詳しく紹介していますけど、まずは“早食い”と“どか食い”を辞める事です。そして、朝昼晩の3食をきっちり規則正しく適量を食べる事です。

血糖値を下げる食事メニューや糖尿病治療の食事メニューというと、質素でお寺の食事のようなものをイメージする方もいるのですが、糖尿病の症状がかなり症状が進んでしまった方を除いては、そこまで過度に食事メニューを限定する必要はありません。

血糖値が急激に上がらないように日々意識しながら食事をするだけでも、数か月後の血液検査の結果はかなり変わってくるでしょう。

ヘモグロビンa1c値を下げる最近話題のサプリメント

しかし、そうは言っても簡単に下げられないのが血糖値やヘモグロビンa1c値・・・年配の方を中心に、日本中で多くの方が高血糖で悩まされていますよね。

事内容の改善や日々の運動を取り入れるだけでは、これまで長年かけて上昇させてしまった血糖値を下げる事はやはり用意ではないのです。

そこで、ヘモグロビンa1c値や血糖値を効率的に下げられる和漢サプリメントがあります。私も、もうかれこれ2年間以上愛用しています。

こちらです↓

まだまだ現役でお仕事をされている方にとっては、食事内容を改善しようと思ってもなかなか大幅には変える事ができませんし、どうしても社内や取引先との飲み会なども入ってきてしまうものです。

そこで、糖質をうまく分解して血糖値を下げてくれるこの白井田七というサプリメントを併用する事で、日々の食事内容を無理して変更する事なく、スムーズに血糖値、ヘモグロビンa1c値を下げる事ができるのです。

もちろん、サプリメントを飲んだ翌日に急に血糖値が下がるなんて事はありませんが、数ケ月ずっと飲み続けていくと、徐々にではありますが血糖値、ヘモグロビンa1c値共に右肩下がりになっていく事が実感できます。

白井田七の凄い所は、簡単に言うと糖質をやっつけてくれる田七人参の成分がたっぷり含まれている点です。

田七人参がどれくらい凄いものなのかは詳しくない方にはピンと来ないと思うのですが、糖の上昇を抑える効果効能のある「サポニン」という成分が、高麗人参(こうらいにんじん)の7倍も含まれているのです。

高麗人参という名前なら、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

田七人参にはサポニン(別名ジンセノサイド)がが高麗人参の7倍も含まれていて、だからこそ「漢方の王様」とも呼ばれているくらいです。

このような製品は他に探したけどこれしかありませんでした。

私の体験談から言うと2か月も飲み続ければ確実に効果は実感できるので、高血糖で悩んでいる方はぜひ試してみる事をおすすめしますよ。



1 個のコメント

  • 血圧の正常値と、血圧を下げる3つの方法を紹介! にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>