糖尿病を放置した行く末は糖尿病性高血糖こん睡

糖尿病性高血糖昏睡

糖尿病の症状や血糖値が異常に高い状態を、そのまま治療せずに放置しておくことで引き起こしてしまう、非常に恐ろしい病気があります。

それが、糖尿病性高血糖こん睡です。

糖尿病が進行してインスリンが体内でうまく働かなくなった時、食事で摂取するブドウ糖をうまくエネルギー源として使用できなくなるので、もともと体に備わっていた脂肪やたんぱく質が分解されてエネルギー源として代替されるようになります。

問題なのはこの脂肪が分解される時に「ケトン体」という酸性物質が生成されるので、血液が酸性に傾いてしまうのです。血液が酸性に傾いた事が原因で意識障害が引き起こり、こん睡状態に陥るのです。これがケトン性昏睡です。別名、糖尿病ケトアシドーシスとも呼ばれます。

糖尿病の症状が進行すると、食べているのに段々痩せてくるという症状がみられますが、これも脂肪やたんぱく質が分解される事と関係しています。

脂肪やたんぱく質がエネルギー源として利用されるために分解されるので、筋肉が落ちてしまうのです。それに伴って倦怠感や脱水症状、吐き気、嘔吐などの症状も同時に出てくるようになれば、かなり危険な状態だと言えるでしょう。

もともと糖尿病の方がインスリン注射を忘れてしまったり、ついつい暴飲暴食をしてしまうと一瞬にして糖尿病性高血糖こん睡を引き起こすケースもありますから、糖尿病患者は常に自分の状態を冷静に把握しながら生活する事が必要です。

ケトン性昏睡(糖尿病ケトアシドーシス)は主に1型糖尿病患者や若者に多く見られ、極度のインスリンの欠乏が原因です。治療方法は点滴による脱水症状の改善とインスリンの少量継続投与が行われます。

一方で、2型糖尿病患者やお年寄りに多くみられるのが、非ケトン性高浸透圧性昏睡です。

非ケトン性高浸透圧性昏睡は、血液が酸性に傾く事はないものの、著しい高血糖が原因で極度の脱水症状を起こしてしまう病気で、症状としては手足や体の震えが生じたり、倦怠感、頭痛なども現れます。

非ケトン性高浸透圧性昏睡の治療には点滴による脱水症状の改善が優先されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>